2010/12/22

今年のアクセス解析から、SEOに関して思うこと

最近落ち着き気味だった弊社Webサイトへのアクセス数が、今週の月曜日に急に多い時の水準まで戻った。


これは何だろうか ??? (・_・;) ???
 
と調べたらなんと…

「2010年のニュース」というキーワードでググると、検索結果トップページに弊社Webサイトのニュースページが表示されている!


年の瀬も迫り、今年一年を振り返ろうと検索した結果の中に弊社があって興味を持っていただいたようです。



せっかくなので今年一年のアクセス解析をしてみました。

差支えなさそうな範囲でブログ末尾で結果発表します。



ところで「SEO対策」と一言でいっても色々やることはあります。

テクニック的な話も何となくで理解はしていますが、プロにはかないません。

そこで、我々素人のできる一番の勘所は「コンテンツ」ではないでしょうか。


…と思って今年はJIS Q 9100取得時のメモをまとめて公開などしました。

下記の結果にも表れているところですので是非、ご確認ください!




====各種アクセス解析結果発表====


【アクセス元種別】

1)検索エンジン  60%

→Google、Yahooなどの検索結果からのアクセス。


2)参照元サイト  30%

→外部サイトのリンクからのアクセス。詳細は後述します。


3)ノーリファラー 10%

→URLを直接入力などからのアクセス。




【参照元サイト】

1)ツイッター

→やはり今年はこれでしたね。でも、1位というのは意外でした。


2)森精機様

→昨年度の切削加工ドリームコンテスト金賞を頂きました。


3)sessaku.net

→弊社運営の切削加工情報サイトです。


4)産業Navi

さんなびったーさん、いつもありがとうございます!


5)NCネットワーク

エミコさん、いつもありがとうございます!




【検索キーワード】

1)社名やその一部

→似たような社名が他にないところも効いています。


2)JIS Q 9100関連のキーワード

→今年、コンテンツを公開。キーワード検索で上位に。


3)「精密加工」、「切削加工」など業務内容

→これでもっと上位に行けるようにしたいです。


4)機械名や材料名

→ここから検索された方がお客様になった例もあります。


5)お客様や購買先など取引先企業名

→ネットワークも大切な会社の資産です。



【OS】

1)Windows


2)Mac


3)iPhone OS


4)Linux


5)Android


LinuxよりもiPhoneのほうがアクセス数が多かったのは、ある程度予想していましたが驚きでもありました。

来年は今まで以上にスマートフォン対策に注力したほうがいいかもしれません。



【ブラウザ】

1)Intenet Explorer 75%

2)Firefox      11%

3)Chrome       8%


その他1%以下。


なお、IEの中でのバージョン内訳は
IE8 5割

IE6 3割

IE7 2割

といったところです。



【国、地域】

1)日本

2)中国

3)アメリカ

4)香港

5)台湾


それ以降は韓国、ドイツと続きます。


東アジアが多いのは最近の流れ通り。

欧米ではやはりアメリカとドイツというところが製造業のWebサイトへのアクセスらしいといえばらしいですね。


===============

まあ、こんなところです。

0 件のコメント:

コメントを投稿