2011/01/28

なぜ、データの連携が必要なのか(2) 社外との連携

前回は蓄積されてゆく社内のデータは単独でなく、各種のデータを連携させることで初めて活きてくることを書いてみました。

では社外とのデータも連携させた方が良いかというと答えはYESだと思います。




我々中小もツイッターやfacebookなどで「つながる」機会が以前と比べて格段に増えています。

これとかこれとかこれとかこれとか…

もちろん連携せずに個々の中小企業で製品開発をしてもよいですが、各社生産キャパシティは限られていますし、得意な加工レンジや加工の種類も様々です。

やはりつながってものづくりをすることで色んなことができるようになります。




社内をデータの連携されたシステムで業務が円滑に効率的に流れるようになったことは実感されている方も結構いるかと思います。

業務的なつながりが出来たときに、企業間もデータ連携がされた状態というのが作れれば、中小企業の連合体があたかも仮想大企業のような総合力を持った生産体制を構築することも可能になるはずです。

EDIのようなデータの受け渡しをスムースに行えるようにするのは非常に効果的だと思います。



現状のEDIの問題点はバイヤーが個々にEDIの仕組みを立ち上げていること。

これでは企業間のシームレスなデータの連携は取れません。


ものづくりの仕事の流れもツリー型からメッシュ型に変わってきています。

従来の1対1のEDIではなく、共通の仕組みの上でそれぞれの企業がやり取りするような形の方がそれに会う形ではないでしょうか。


小島プレスさんのこれとか

グローバルワイズさんのこれとか

非常に面白い。


こういう仕組みが一般化したときにEDIは受発注だけでなく、様々なデータのやり取りが可能なものづくりの基盤となるプラットフォームになるのかなと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿