2011/02/21

[展示会]ジャパンゴルフフェア2011

ジャパンゴルフフェアに行ってきました。





まず、本業で普通にこれ作れそうねって思ったのがゴルフクラブのリペア用治具。


まあ、これはニッチなところなので今さら後発で作るメリットがどれだけあるかってところですね。






クラブに関して言うと全メーカー見ましたが、


・テイラーメード社のボルト型ウェイトのアタッチメント選択でバランス調整出来るクラブ

・他社の、フェースが別素材のクラブで従来の複合ヘッドにない取り付け方をしているクラブヘッド

・ディンプルにフィットする形状に加工されたフェースのパターヘッド


…などこれまでは素材そのものや全体形状で高機能化していたゴルフクラブに最近は部分的な形状や機構的な組合せ考えが入り始めており、うちでも地クラブ作れる余地がありそうです。




個人的にはPINGのブースは学生時代に慣れ親しんだパターやアイアンののヘッドが展示されていて見入ってしまいました。







世界的にも有名な日本のカーボンシャフトメーカー「フジクラ」。

ゴルフのシャフトだけで有名な会社ではありません。


「藤倉ゴム工業」と言った方がピンと来る方も多いかと思います。







ヨネックスは完全に石川遼バブルですね。







他のクラブメーカーでいうと、タイトリストのいい意味で硬派なクラブ作りには好感が持てました。



計測器コーナーでは数々のGPSナビがありました。


この形式の機器はコースレイアウトがわかり、スコア集計などもできて多機能です。


しかしながら、ソフトウェアありきのものなのでスマートフォンの普及にともない携帯のアプリに置き換わって専用ハードは無くなってゆくでしょう。


ニコンなどが出している、レーザー形式の距離測定器は光学機器なのでそういった多機能さはありませんが、GPS形式でおこりがちな距離の誤差がなく測定できると言うことでこちらのほうが後々生き残ると思われます。


今後、レーザー式とGPS式のハイブリット形式がでればこの分野の製品はもう少し伸びしろがあるかもしれません。




面白いところではワンピースのキャラクターをヘッドカバーや小物にしたグッズの展示がありましたが、キャラクター物は流行り廃りがあるので疑問は感じました。






小物で面白いのはライトですね。
バランス調整用の重りなど、昔からここでは独壇場ですが。

ただ、あまりにも定番で大きな伸びはないかもしれません。



自社で作るなら小物関係か削り出しクラブのヘッドあたりだと思いましたが、今あるようなものだと価格競争で大手には敵わないでしょう。


クラブヘッドに関しては機械加工ならではの形状や機械屋だからできる機構上の工夫などを考えたいと思いました。


小物に関しては今までなかったものを考えられれば大きなチャンスになりますね。


とはいえ、自分が「これいけんじゃねえのか?」と思っていたものが既に商品化されているのを見て、もっと知恵を出さないといけないと感じました。



…と、頑張って仕事を絡めて書いてみましたが、この展示会一度行ってみたかったんですよね。


面白い製品を考えていつか出展できると楽しいなあ。

Published with Blogger-droid v1.6.7

2011/02/17

たまには野球の話題

長らくアメリカに住んでいた大学時代のサークルの同級生が日本に戻ってきました。

旦那さんの仕事の関係で。

今年は神戸で同窓会でもやるかという話で盛り上がっております。


で、その旦那さんというのがこの人




かつて野茂と同じLAドジャースで活躍し、「コリアンエクスプレス」と呼ばれた朴賛浩(パク・チャンホ)

メジャー124勝(98敗2セーブ)は野茂を抜いてアジア人トップとのこと。

全盛期はほんとに凄かった。

かつての球威はなく、現状では正直日本でもどうかとも思いますが、その経験で日本プロ野球を盛り上げてもらいたいです。



子どもの頃応援してた阪急の流れをくむオリックスだし、今年はこのティーム(松木安太郎風)を応援してみるか。

皆さんも応援してやってください!

2011/02/15

サーバが届きました

サーバが届きました。

オープンソースのMySQLのせて新システム用のサーバにしたいと思います。

で、開発部の処理も一部こちらに統合しようかと思っています。

ちいさな会社ですので、それでもこのくらいのサーバで十分です。


・キュウキュウだった従来の業務サーバに別の役割を与える

・一部機能はクラウド化

…で、情報処理の効率が上がることで業務効率のUpにもつながることでしょう。


システムが立ち上がったら新しいDBサーバと各端末のExcelでも連携させて色々な「見える化」をしてゆきたいですね。

その方法も今度、記事化してみようかと思います。

Published with Blogger-droid v1.6.7

2011/02/09

ユルい感じにしてみました

Bloggerの公式テンプレにピンとくるものがなかったので、テンプレ拾ってきて変えてみました。

「デザイン」→「HTMLの編集」で行いますが、テンプレはこことかこことかで探してきます。


テンプレを変えたので「茅ヶ崎ではたらくなんでも屋のブログ」という、渋谷で働くサイバーエージェントの藤田社長のブログのパクりみたいなタイトルも変更しました。

ポスト・バブル世代(団塊ジュニアともいう)に属する草食系男子の走りの自分ですのでユル~い感じを醸し出すタイトルに変えました。


今後ともよろしくお願い致します。

【チラリンコ】´∀`*)ノ ヨロチク



2011/02/08

在庫管理を見直す

以前から社内で動いている在庫管理DB+アプリがあります。


自社開発のこのシステムは非常に優れモノで、携帯電話も操作がわからなくて持たない65歳のパートさんが一人でシステムを回しています。




とはいえ、物足りなさも最近は目立ってきました。


基幹システムの置き換えを機会にこれも置き換えてしまおうかと思っています。



そういうタイミングで出会ったのがこの本。


通勤大学実践MBA 戦略物流 (通勤大学文庫)


大学の先輩が著者です。


物流なんて関係ないや、と思ってましたが、読んでみるとうちみたいな町工場レベルでも社内の製品の流れに適用できる記述がたくさんありました。


あたりまえかもしれませんが、社内のものの流れもまた「物流」なんですね。


特に在庫管理の項は非常に参考になります。




なんてことを思い出しながら、今後の在庫管理のフローを考えたのでメモ。

[処理の流れ]


在庫実数に入れるのは完成品在庫


仕掛品在庫は滞留中の作業でとらえておく


滞留中の生産オーダーはフラグ付して残作業に表示させない
→どこにあるかもわかるようにする

完成品実在庫数から将来的な理論在庫数の推移をみられるようにしておく。


理論在庫数がマイナスになるタイミングを見て手配を出す。


手配時に滞留中の生産オーダーがあれば滞留フラグを消してアクティブオーダーにする


滞留中の生産オーダーがなければ新規に生産オーダーを立てる



[処理内容ここまで]


ということで新システムの在庫周りの下準備を行っているのですが、ここで活躍しているのがアルバイトのI君。


在庫管理システムの基礎となる各種コード化の作業をお願いしています。




彼は機械科の大学生で色々と理解が早く、設計の仕事からこういった社内カイゼンの活動まで大活躍です。


そして、そんな彼のおばあさんはなんと当社の元パートさん。

世代を超えて由紀精密はどんどん成長してゆきます。