2011/08/19

Microsoft Visual Studio LightSwitch を評価してみます

夏休みに評価しようと思ってたMicrosoft Visual Studio LightSwitch、夏休みが終わってしまいましたが、これではいつまでも手が付けられないので、まずはダウンロード→セットアップしてみます。

そもそも「それなに、おいしいの?」は簡単にここ


結構時間のかかるダウンロード→インストールの最中に色々と調べてまとめました。


ダウンロードはこちらから
Microsoft Visual Studio LightSwitc(公式)



検索したら窓の杜でも紹介記事が出ていました。

業務アプリ開発ツール「Microsoft Visual Studio LightSwitch 2011」が正式公開(窓の杜)

VisualStudio入ってる人はSP1あてる必要ありとの情報。
β版が入ってる場合はβ版のアンインストールも必要とのこと。


価格関係はここ↓が比較的わかりやすい。

「Microsoft Visual Studio LightSwitch 2011 日本語版」、MSDN Subscription会員向けに提供開始(Codezine)

評価版の評価期間は30日ですが+利用登録で60日の延長があります。



入門講座的なWeb上の記事に関しては以下のようなものがありました。

LightSwitchを使用して素早くビジネスアプリケーションを開発してみよう(Codezine)

情シス業務を効率化する「LightSwitch」という可能性(@IT情報マネジメント)

LightSwitchで業務アプリケーションを簡単に作ってみよう(マイコミジャーナル)



動画はこちら。
Visual Studio LightSwitch beta | 業務アプリ開発に新革命(Youtube)

動画は最初に見るとイメージがわきやすいかもしれませんね。

まあ、この辺を参考にしながら評価してゆきます。


--------

…と言うあたりをまとめたのち、インストール終了しましたので立ち上げました。



普通にここにもチュートリアル的なものがありそうなのでそっちから触ってみよっかな…

(続く)になると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿