2011/11/21

講演してきました(生産システム見える化展)

会場はビッグサイトで開催中の「ものづくりNEXT:生産システム見える化展

主催者企画の「可視化、整流化、ITカイゼンコーナー特別勉強会」というタイトルの特設会場

タイトルは「受注から製造・納入までの情報一元化による生産管理システム見える化への取組み

ということで講演させていただきました。




内容的には3部構成で

  • 由紀精密の紹介
  • 経営環境の変化およびそれに対して行ったIT化施策
  • 結果として起こった問題に対する今回の取り組み

ざっくり言うとそんな内容です。




プレゼン資料は自分の作ったのですが、振り返って内容を確認してみると、自分が由紀精密に入社してからの(システム開発担当者としての)業務経歴のまとめっぽくなっていることに気づきました。
  1. 量産品受注が減少し、顧客要求も高度化する中で高付加価値型への業態転換を果たすために社内のIT化を始めた初期。
  2. 限られた情報システムのリソース内で開発を進めてゆき、社内のほぼ全ての業務がシステム化されたが、開発効率を求めてデータソースが複数化して重複入力やトレーサビリティといった点で問題が生じた中期。
  3. そして社内のデータベースを統合し、連携されたデータを分析することで様々な社内外の挙動が見えてきた現在。


大手から見ると一つ一つは大したことではないのですが、特に小規模の「町工場」ではなかなか実現が困難な管理レベルをシステム化を活用して実現する。。。

高度な先進性は特に見られないテーマで、どの程度の方が聞きに来ていただけるか、朝一だし大した人数もいないだろうから気楽にやろう。

…そんな中、会場入りしましたが結果として追加席を設置するほどの盛況ぶりで、講演後の質問もたくさんいただき、皆様の関心の高さを感じることができました。


締めで少し触れた話ですが、

協力企業との連携
さらに高度なトレーサビリティ情報の確保

など考えるとこれまで以上に。企業間の(業務連携はもちろんですが)情報連携が必要になってきます。


手段としては

クラウド化
データの持ち方の標準化
既存EDIの活用
(もっと手軽なところで)企業クラスタ内の帳票の共通化

など色々な手段はありますが、企業間データ連携の重要性が増す傾向はどんどん進んでゆくものと考えています。





社内と、茅ヶ崎のCmonoCという枠組みがありますので、

そこの皆さんとの業務連携をサポートする形のデータ連携を提案して行ければと考えています。

0 件のコメント:

コメントを投稿