2012/02/25

IT経営先進企業の事例を見て


中小企業IT経営力大賞記念式典に出席してきました。




結果は経産省より2/8に発表されており、書面上の講評だと各受賞企業の差が私にはそこまでわかりませんでした。

本音を言うと真面目に大臣賞取るつもりでの応募だったので悔しさとともに、大臣賞の企業と何が違うのかこの目で確かめてきてやろうとの思いでの出席でもありました。




現地では何年か前の大賞受賞企業の八幡ねじの基調講演に加え、大賞受賞企業3社の事例紹介+パネルディスカッションともありました。

…拝聴してみて大賞受賞企業の凄さがわかりました。

凄さが伝わりきらないかもしれませんが殴り書きのメモを下記に。


株式会社メトロール


  • 機械式の精密位置決め装置を製造。
  • 日本の工作機械に乗って世界中に製品が行っている。
  • 海外エンドユーザから代理店販売だと納期もコストもひどい、どうにかならないかとの相談。
  • 調べてみたら納期は3か月、価格は自社売値の10倍以上で売られていた。
  • 商習慣が違うので直接取引は戸惑ったが海外向けの直販サイトを設置、決済にはクレジットカード払いとした。
  • 欧米では違和感なく受け入れられ、予想以上の立ち上がり。
  • 生産管理、品質管理はアナログでやっていたが販路、売上の拡大に伴い、システム化。
  • さらにマスタ情報の統一 、効率化をはかり海外向けにも短納期化を実現。 

(「よくあるIT化のイメージでは中を整理してから外に出ていくパターンで逆を行っているが大変だったのでは?」の質問に)

  • 売りが先行すると楽
  • インターネットで一番コストがかからないのが営業


株式会社モトックス

  • ワインの輸入卸、酒屋やコンビニなど販売店に卸している
  • 酒類業界はIT化遅れている
  • 仕入管理、販売管理のシステム化
  • 上記のシステム間をつなぐ機能としてWeb受発注システムを構築
  • 蓄積されたデータを元にBIの活用
  • 販売店の先にいる一般消費者向けにAR技術を活用したiPhoneアプリ「Wine-link」を開発
  • ラベルをかざすと生産者情報がなどそのワインに関する付加情報が表示される
(「中小でAR使う企業はあまりないがどういったきっかけだったか?」の質問)
  • 商店街などで場所に情報を付加するアプリを見て思いついた
  • ラベルかざすと生産者など情報たくさん出てくると凄い。
  • 結果、一般消費者の消費マインドを向上させた


株式会社小林製作所
  • 板金加工業
  • 社長の自作生産管理システム
  • リーマンショック後のコストダウン要請、材料費高騰
  • 原価計算の必要性、システムによる対応
  • 対人トラブル、製品情報・進捗の情報化
  • 作業情報の90台(!)のWebカムによる記録化
  • 監視されている感をなくすためヒアリングによるケア
  • 画像記録でフィードバック、全員参加の取り組み
(「Webカム設置の背景は?」の質問)
  • 不良会議の際に時間が経つと記憶が薄れる。
  • 作業手順の個人差や技術格差など、書面だとなかなか伝わりにくいところもある。
  • そういった記憶の限界を超えることができるツールとなった。

各社とも「このくらいやっておけば十分だろう」の次の一歩まで手を付けていますね。
 
以下、モデレータを務めた明治大学岡田教授の言葉。

  • ITは効率化だけでなく、戦略化のためのツール。
  • アイデアを作れる組織がデジタル社会に適応できる。
  • 組織IQ。今日の最善は明日の最善ではない。そこを理解し対応できる企業が生き残れる。

岡田先生の言葉の通り、いかに凄いシステムを入れている、というよりはアイデアを具現化し、成果を出すというプロセスの実践具合の差でした。


さてそのあとの表彰式。




表彰式を終えて同じく優秀賞を受賞された西村金属小川さんとのツーショット


と、いうことで長い一日が終了しました(^_^)


2012/02/20

JIS Q 9100:2004→2009アップグレード

JIS Q 9100という規格があります。

ISO9001(JIS Q 9001)の航空宇宙防衛産業拡張版で、規格内にはISO9001の内容はすべて入っており、それに航空宇宙防衛産業界特有の要求事項が付加されているというものです。



私の会社ではこの規格の認証取得をしているのですが、最新版が2009年に公開されました。

そこで、2009年の話をなぜ今頃となるのですが、実はこの規格、各審査機関の認証が押しまくって2009年度版の審査が始まったのが昨年中ごろから。


というわけで弊社も昨年末の定期審査のタイミングで2004年度版から2009年度版へのアップグレードを行い、つい先日、更新登録のお知らせがやってきたところです。



大きく変わっているところと言えばプロジェクトマネジメントとリスクマネジメントの項目追加。

仕組み(QMS)そのものはもちろん、その仕組みをきちんとまわせているかに今まで以上により厳しき審査の目を当てられている、という印象を受けました。


ところでこれからJIS Q 9100を取得されようとしている企業の方にお勧めなのがコンサルを利用しない自力での取得。
  1. 規格を理解し、回すための基礎的な理解を深めるセミナーの受講
  2. システム構築の際のリファレンスとなる書籍の準備


1はISO9001と違い、なかなか自治体主催のセミナーなどはありませんし、専門性が高い規格ですので審査会社の開催するセミナーがおすすめです。


2は私の手元にあるところですと


があります。

前者で通し読みして概要をつかみ、より記述の詳細な後者をシステム構築時のリファレンスにするといった使い方が良いかと思います。


実際の運用方法に関しても後者の発行元から「JISQ9100航空宇宙QMS実務ガイドブック」という書籍やそのほかにも内部監査に関する書籍が出ていますのでお勧めです。


当然、規格そのものも必要です。

JIS Q 9100、および関連するSJAC規格、ともに日本規格協会から購入可能です。

特にJIS化されているJIS Q 9100:2009に関してはPDFでの購入もできますのでそちらがお勧めです。

2012/02/03

全日本製造業コマ大戦(結果まとめ)


全日本製造業コマ大戦が大盛況で幕を閉じました。

結果ですが、由紀精密チームは優勝させていただきました。




優勝という結果もそうですが、こういった大会に参加させて頂き、人の目に連れるところで自分たちの作った品物が活躍するという状況に、社員のモチベーションも大きくアップした気がします。

主催者の心技隊の皆様、本当にありがとうございました。




さて、色々と報道等も出始めていますので、まずはその辺のまとめ、

(私個人は解説を務めさせていただきましたのですが、そちらの観点からのまとめは別途アップいたします。)


Yahoo!ニュースおよび元記事
→リンク切れの際はかっこ内のURLをご確認ください。

全日本製造業コマ大戦、優勝は「材質:秘密兵器」の由紀精密
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120202-00004206-engadget-sci
http://japanese.engadget.com/2012/02/02/koma/

こま回し技術競う、テクニカルショウで全国大会「全日本製造業コマ大戦」/横浜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120203-00000011-kana-l14
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1202020036/


週アスPlus(アスキー社)

日本の職人が本気で作った“喧嘩ゴマ”の熱き闘いを見よ!
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/074/74858/


由紀精密独楽(今回出場の独楽よりも小径)

BRANCH STORE(販売サイト)
http://store.branchproducts.com/?wpsc-product=seimitsu-coma

由紀精密独楽(Facebookページ)
http://www.facebook.com/yuki.precision.koma


Ustream
http://7colors.tv/live/events/81106


関係者ブログ(大会後のポスト)
ユニーク工業羽廣様(出場者)
http://ennoujp.jugem.jp/?eid=159

MSP伊藤様(事務局)
http://e098.dgblog.dreamgate.gr.jp/e93835.html

栄鋳造所様(トロフィー製造)
http://sakaetyuuzou.blog.fc2.com/blog-entry-87.html

小原実香様(書道家。表彰状担当。)
http://pag99sho.exblog.jp/15369004/

モルテック松井様(懇親会参加)
http://ameblo.jp/moltec/entry-11153813224.html

電通大森重先生(Facebook仲間)
http://m-shige.blogspot.com/2012/02/blog-post_03.html



その他、当日放送のNHK Bisスポでも様子が紹介されました。

それから、表彰式でプレゼンターも務めた小原実香さん、物凄くかわいかったです(^_^;)