2012/02/20

JIS Q 9100:2004→2009アップグレード

JIS Q 9100という規格があります。

ISO9001(JIS Q 9001)の航空宇宙防衛産業拡張版で、規格内にはISO9001の内容はすべて入っており、それに航空宇宙防衛産業界特有の要求事項が付加されているというものです。



私の会社ではこの規格の認証取得をしているのですが、最新版が2009年に公開されました。

そこで、2009年の話をなぜ今頃となるのですが、実はこの規格、各審査機関の認証が押しまくって2009年度版の審査が始まったのが昨年中ごろから。


というわけで弊社も昨年末の定期審査のタイミングで2004年度版から2009年度版へのアップグレードを行い、つい先日、更新登録のお知らせがやってきたところです。



大きく変わっているところと言えばプロジェクトマネジメントとリスクマネジメントの項目追加。

仕組み(QMS)そのものはもちろん、その仕組みをきちんとまわせているかに今まで以上により厳しき審査の目を当てられている、という印象を受けました。


ところでこれからJIS Q 9100を取得されようとしている企業の方にお勧めなのがコンサルを利用しない自力での取得。
  1. 規格を理解し、回すための基礎的な理解を深めるセミナーの受講
  2. システム構築の際のリファレンスとなる書籍の準備


1はISO9001と違い、なかなか自治体主催のセミナーなどはありませんし、専門性が高い規格ですので審査会社の開催するセミナーがおすすめです。


2は私の手元にあるところですと


があります。

前者で通し読みして概要をつかみ、より記述の詳細な後者をシステム構築時のリファレンスにするといった使い方が良いかと思います。


実際の運用方法に関しても後者の発行元から「JISQ9100航空宇宙QMS実務ガイドブック」という書籍やそのほかにも内部監査に関する書籍が出ていますのでお勧めです。


当然、規格そのものも必要です。

JIS Q 9100、および関連するSJAC規格、ともに日本規格協会から購入可能です。

特にJIS化されているJIS Q 9100:2009に関してはPDFでの購入もできますのでそちらがお勧めです。

0 件のコメント:

コメントを投稿