2012/03/12

情報の持ち方や連携方法に関して考える

このブログでも何度か紹介していますが、法政大学での半年強にわたる研修会がもうすぐ修了します。


この研修会は「ITカイゼン」という、情報整理のアプローチから業務改善を行うもので、言葉の定義は以下によります。

“ITカイゼン”とは、業務のムリ、ムダ、ムラをなくすために、現場が中心となって情報の流れをよくすること。(2011年生産システム見える化展 法政大学西岡靖之教授 講演資料より引用)


製造業に携わる人なら、言われずとも常日頃カイゼン活動を行っているはずです。

それが改善の対象が情報になった瞬間に(弊社もそうですが、汗。)、なかなかうまくいかない


これは何故なのか。
  • 現場と違い情報は見えないのでムダに気づきにくい
  • 事務は人件費の安いパートさんにやってもらっているので多少のムダは目をつぶっている
  • 問題意識を感じていたが、我慢しているうちにルーティン化して改善の機会を失う
…色々と理由はあるかと思いますが、こうしている間にも
  • 少種多量→多種少量
  • 受注オーダの短納期化
  • 取引顧客数の拡大、取引業界の拡大
  • 要求されるトレーサビリティ情報の高度化
  • 職人技の伝承問題(暗黙知の形式知化)
と、挙げた以外にも様々な要因で取り扱う情報の種類・量はどんどん増えてきているはずです。


研修会は
  1. 情報整理に関する座学
  2. 座学のアウトプットとしてのシステム開発
の2部構成で行われてきました。

1を身に着けたうえで2が活きてくるので双方を同時に学べることは非常に重要です。

とはいえ(主催者や他の出席者に怒られるかもしれませんが)、2に関しては私はおまけみたいなものと思っています。
  • 情報の持ち方
  • 情報の流し方
  • 流す際の情報連携の仕方
に関して学べる場というのはそうありません。



由紀精密では情報システムを自社開発することで間接業務の効率化、高機能化を図っていますが、これらはパッケージの業務システムを導入する際にも同様に必要なことです。


パッケージの業務システムを導入してみたがなかなか使い勝手がよくない、という声を聞くことが良くあります。

これは何故でしょうか。


まず、システム自体に責任を押し付けがちですが、そもそも導入時のマスタを整備する際の考え方に問題があってそのために使いにくいシステムになっていることもしばしばあるように思われます。

(また、マスタデータ自体どう作ってしてよいかわからずにいたずらに時間を浪費するといったこともよく聞きます。)
  • お金をかけて導入したシステムなので早く稼働させたい
  • マスタデータの妥当性の検証などそこそこにシステム運用を始めてしまう
  • 使いにくいシステム、分析に使えない蓄積データ、になってしまう
こんなもったいないことを回避するためにもユーザ側も多少の知識は必要です。

データの持ち方だけでなく、仕様を決めるための打合せの段階で確認できる範囲も広がるでしょう。


限られた数の大企業にぶら下がって、決まったものをつくり続ければよかった時代とは違い、取引業界や顧客、生産品目などが刻々と変わる昨今では、
 「これが正解」
という情報システムの仕様や構成はなかなか見つかりにくいものです。

これは業務形態が変わってゆく、その時々の状況に応じてシステムへの要求仕様が少しずつ変わってゆくからです。

ですから(自社開発においても、パッケージ導入をする際のベンダとの連携の際にも情報の持ち方や連携に対するユーザの意識の向上が必要だと、私は考えています。

【自社開発だから使いやすい、パッケージだから使いにくいというのは乱暴な意見です。】




話は戻って研修会ですが、私たち一期生が修了したのち、4月からの来年度も東京都の助成金事業として開催される予定です。

興味を持たれた方には、ご参加をお勧めします(^_^)



まずは3/15の交流会

西岡先生の基調講演と一期生の成果発表が行われます。

申し込み状況が盛況であるとの情報を頂いていますので既に満席の可能性もありますが、 よろしければ是非。

(プログラムは下記画像もしくはAPSOM Webサイトを参照ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿