2012/03/31

Todo管理方法の紆余曲折


自分は結構だらしない人間です。



なかなかアナログな手帳をつける習慣もつけられずに気合で何とかしてきましたが、干支も3周目を過ぎますとそれも限界です。


2年前からスマホという武器を得て色々な管理をクラウド上で行うようになりましたが、Todo管理に関しては最初はRemember the milkというのを使い始めました。



ラベル別のステータス管理用の画面があったり、位置情報を付加出来たり、となかなか高機能でいいのですが、スケジュールと連動させて動かしたい。

Googleカレンダーに連携させることはできるのですが、安定性がいまいちで詳細は別画面で確認と結構、不便もありました。

やはりなるべく少ない画面、オペレーションで多種の管理を行えることが無理なく自己管理を行える秘訣かと思います。



そんなとき、自社でGoogleAPPs導入しており、Googleカレンダーの画面上にあったのに空気のように気づかなかったGoogleTasks、実はこれ結構便利なことに気づきます。

同画面上で詳細を納期と詳細を入力可能で




カレンダー上にTodoの項目が表示され終わったらカレンダー上で終了チェック可能。



まあ、Googleカレンダー利用されている方なら普通に使っていると思いますが、まだならいかがでしょうか。



このTodoの機能だけ、単独画面で表示したい、という場合にはこちらの記事にもありますようにGoogleTasksの画面で表示可能です。

その画面上では各項目のインデント表示などもできるのでTodoの階層構造を設定するような使い方も可能です。(ズボラな方は親項目にチェックを入れると子項目にもすべてチェックされます。)


上記画像を見て頂ければわかるかと思いますが、カテゴリごとにリストを分けたり、一覧の印刷も可能です。

ということでシンプルですが使い方次第では意外と複雑な管理も可能です。



また、AndroidiPhoneなどスマホアプリでも管理可能ですので是非お試しください(^_^)

0 件のコメント:

コメントを投稿