2012/05/17

トレーサビリティのおはなし

先日セミナーに行った際に財布を忘れて出てしまったんです。

しかし文明の利器スマートフォンを持っておりまして助かりました。

  1. 最寄りの駅までバスに乗る
  2. 新宿までJRに乗る
  3. 全日のセミナーだったのでコンビニでおにぎりを買って昼食をとる
  4. 新宿からJRに乗る
  5. 最寄りの駅のエキナカで晩酌のおつまみとビールを買う
  6. バスに乗って家に帰る


全部モバイルSuicaで行けちゃいます。


モバイルSuicaのアプリからチャージもできるので財布いらずというわけです。

一つ注意しなくてはいけないのが電池切れ
http://www.jreast.co.jp/mobilesuica/faq/others.html

心配性の僕は充電してあるバッテリーを常に2個持ち歩いています。

(財布忘れるなと言われるかもしれませんが…)



ところでSuicaの利用記録って個人的なトレースをすべてされているようでなんか怖いですね。

Googleが検索履歴で人の興味を、FacebookなどのSNSが活動記録を集めたのは結構すごいことかと思いますが、リアルな移動記録とお金の使い道を抑えているってのはさらに凄いことかと思います。

先日パスモの利用記録で女性のストーキングをしていた地下鉄の社員のニュースなども目にしました。



ふと思ったんですけど、システムが構築されてもオペレーションが回らないと失敗したり、トレーサビリティってとるの結構大変ですよね。

ストーカーのみなさんは根は結構マメな頑張り屋さんなのかもしれません。

全国からストーカー集めてきてトレーサビリティの部署作ればREACH対応とかそんなに大変じゃないかもとかちょっと思ってしまいました。



===================================

SuicaのIDは一意の物なので社内でも利用しようと思えば出来ますね。



ICタグの情報収集とかしてるときにカードリーダ買って評価したりしました。

「タイムカードの代わりにSuicaで勤怠管理の実験」
http://taurine.yuki-precision.com/2011/06/suica.html

0 件のコメント:

コメントを投稿