2012/11/21

「やる気」について考えてみた


昨日facebookで「今日はどうもやる気が出ない」という旨の書き込みをしました。


まあ、そんな書き込みすること自体どうかと思いますが、結構みなさん「そういうこともありますよ」的な優しいコメントをいただきました。


その中で学生時代の友人からは「もともとないじゃん」的な指摘を受けました。


確かにそうなんです。




※画像と文章の内容は全く関係ありません(・∀・;)




元来ダメ人間の自分はもともと「やる気」なんてないのです。


素の私を知っている人からは、自分に関して本当に忘れがちなことを教えてもらえます。




他の方と自分を一緒にしてはいけないかと思いますが、自分の場合は「やる気」なんてものは自然にピコン!と出来上がるものではなくて何か理由があって発生するものと認識しています。


次元が低いかもしれませんが「やらなければいけない状況」ってもともと持っていない「やる気」を発生させる一番身近な要因です。


まずはこれが最近の自分には足りませんでした。



どんなにやることがごちゃごちゃになっていても、(というかごちゃごちゃになっているからこそ)きちんと時間を取って手持ちのタスクの棚卸はしないといけないなと再認識しました。


そういう状況の時は整理をするとおしりに火のついたタスクがきちんと見えてきます。


その認識だけでも「やらなきゃ!」が産まれます。




そうして地道に必要な業務をこなして余裕ができると、周りが見えてきて、もっと前向きな「やる気」が産まれます。

  • 誰かの(何かの)役に立つため
  • 自分が(組織が)成長するため




今日は目の前だけ見ると遠回りかもしれませんが、忘れていたサイクルを取り戻す一日にしたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿