2013/05/17

在庫管理システム改修時のメモ

在庫管理のシステム改修を行った。


社内的には単品部品加工が主な業態の弊社に関しては管理項目は至ってシンプルだが、それが故に構築時に簡単に考えすぎて拡張性のないシステム構成となっていた。


今回の取り組みに当たり、以前、読んだ本を読み返して参考にした部分をメモしたい。



【在庫の見える化】

  1. 数量管理
  2. ロケーション管理(以下、「広義のロケーション管理」と記載する)

これらの管理が「在庫管理」である、と記述がある。


実際に自社でこれまで簡易的に利用していた在庫管理のデータベースも、数量と棚番のみの管理であった。


(ロットや仕掛状態の管理は当然していたが、アナログで行っていた。)


【参考書記述の自社向け理解】

この参考書は流通に関する書籍の在庫管理に関する項目であるため、製造業的な要素も加味する必要がある。


ヒントとして参考書内では、この「広義のロケーション管理」の説明として「どこになにがあるのか」とある


分解すると
  • どこに(狭義のロケーション管理)
  • なにが(現品管理)
となり、在庫管理は
  1. 数量管理
  2. 狭義のロケーション管理
  3. (ロット情報等のステータスも含めた)現品管理
の三項目により構成されるとして、システム改修時のデータの持ち方/流し方の検討材料とした。


補足すると参考書内で「広義のロケーション管理」内に現品管理を含めているのは、流通業界では管理するのは完成品の状態のみであるからと思われる。


工場などでの出荷前の在庫に関しては原材料、製造情報(作業者・設備)、仕掛/完成の工程完了状況などのロット情報の管理が必要となる。


一方でロット情報などは工場出荷時に製品内にパッケージされ、同一製品であればロットやステータスを管理する必要はない。


【実装】

実際にシステムに実装するにあたり、完成品は在庫の入出庫データ、仕掛品は生産管理の工程進捗状況のデータと別系統のデータで管理を行っている。
  • 複数工程で製造を行う
  • 製品によって通る工程は様々
であるため、仕掛品のステータスをフラグデータなどでは管理しきれないためだ。


現品票等、帳票運用に関しては別途、機会があればまとめたい。


なお、帳票上でのバーコード利用に関しては過去ポストで触れているので、参考までにリンクを貼付する。


【参考リンク】

自分が作成した帳票でバーコードを利用する

2013/05/16

ブログをGoogleアカウントに紐づけました


ブログURLの変更に伴い、デザインも変更しました。


同時にBlogger編集ユーザをGoogleアカウントに統合しました。




記憶があやふやですが、Bloggerダッシュボードの”Google+”をクリックすればできたかと思います。


これによりGoogle+とコメント欄が統合される(下図参照)のが面白いところです。




未実施の方でも、
  • Bloggerでブログ運用している
  • Google+アカウント持ってる
  • そこが紐づいてもまあいいくらいの大らかさがある
に当てはまる方は検討されてはいかがでしょうか。

2013/05/14

Amazon Japan(目黒)に伺いました


Amazon Japan本社に伺いました。


目黒駅から雅叙園方面に降りる坂の入り口あたりで杉野服飾大学方向へと左折。

(まっすぐ降りてくと遠回りです。。)


大学を過ぎてすぐ右側に入り口が見えてきます。






あ、バンバン写真撮ればよかったと後悔してますが、なんか問題あるといけないので、今回は控えめにしました。

まあ、近辺の様子は↓のブログで紹介されてますので見てください。

アマゾンジャパン本社が目黒雅叙園アルコタワーアネックスに


【社食とエレベーター】

到着後、早速ですが、お昼時に伺ったので社食でランチを頂きました。


メニューはいたってシンプル
  • メインディッシュおよびサイドディッシュを選択できるランチプレートのようなもの
  • ハンバーガーセット
が選べましたが、ハンバーガーセット+チーズ入りをオーダー。


(食事コーナーとは別に喫茶コーナーもあり、デザートやドリンクはそこでオーダーできました。)




何で引きの写真を撮らないかという感じですが、野菜たっぷりのミネストローネにフレンチドレッシングのサラダがついていて、味の方も美味しかったです。


皆さんもアマゾンに伺う機会があれば、是非お試し下さい。


食後に社内へと入ると、エレベーターの扉にはあのアマゾンの箱のイメージの段ボール装飾が。



【学習記録】

ハンバーガー食べに行ったわけではないのですが、所用の詳細は書いても仕方ないのでここでは割愛します。


アマゾンWebサイト上でもわかることですが、学習したことに関してメモ書きを残します。


下記の箇条書きにもある通り、アマゾンのクラウドサービスは完全従量制なのでスタートアップが手軽なのと、初年度は様々な無料枠が用意されています。


伺う前はストレージに関して興味があったのですが、別の利用目的が出来てしまいました。


実は社内サーバに仮想環境立ててテストしようと思っていた事案がありまして、それにはサーバのリソースが微妙に足りない状況でした。


ということで、まずEC2でLinuxおよびWindowsサーバ環境を立てて枠内で利用しようと思っています。


【メモ】

EC2(仮想サーバ環境)に関するメモ

  • 仮想環境のOSイメージ
  • サーバOSおよびスペック毎に時間単価が決まっている
  • 完全従量制と事前に利用枠を抑えることで時間単価を割り引く料金設定がある
  • Windows Serverのライセンスフィーも時間単価内に含まれる
S3(ストレージサービス)に関するメモ
  • ファイルごとにアクセス権限設定可能
  • 共有設定したファイルはURLをつけてネット上に公開できる
各サービス共通のメモ
  • アメリカ西、南アフリカなど、8つのリージョン(データセンターの集合)がある
  • リージョン内に複数のデータセンターが存在する
  • サービス利用時に好きなリージョン、データセンターの選択ができる
  • リージョンにより料金設定が異なる(大きくても1~2割程度)


【参考リンク】


2013/05/10

URL変更しました


自社持ちのドメイン(yuki-precision.com)で運営しておりました当ブログですが、個人持ちのドメインにURLを切り替えました。


特に何か、クビになったとか、変なことばかり書いていて怒られたとか、失恋したとか、引退して旅人になったとか、そういうことではないです。


会社のサーバ移転で会社、個人ともにドメインの整理やらなんやらしていた中での、思いつきです。



※写真は内容と全く関係ありません


サブドメインのola.kasaha.laはスペイン語の"ola(こんにちは)"と、個人名にかけたドメイン名であることから、ハラ減ったら力でねえドラゴンボールの孫悟空のオラにかけております。


ドメイン取得やBLOGGERに独自ドメイン割り当てるなどの話題は、過去のブログポストにも記載をしております。


興味がありましたら、お手数ですが、そちらをご覧ください。


【参考リンク】

ドメイン取得のおすすめ


2013/05/07

白旗神社(藤沢本町)


少し前の話になるが、今年の初詣。

家の近くの白旗神社に行ってきた。



名前から想像できる通り、各地の「白旗神社」は源氏の白旗を由来としているようであり、その多くは源頼朝を祀っている。

(先日鎌倉を訪れた際のポストでも触れた白幡神社も、頼朝を祀っている)



【白幡神社の由来】

さて、今回の話題の白幡神社であるが源義経を祀ったものである。

元々は現在の神奈川県高座郡にある寒川神社を勧請したそのままの名前の「寒川神社」だった。

腰越浦での首実検の後、境川に捨てられ流れ着いた義経の首がこの地に葬られたことから、宝治3年(1249年)9月に源義経が合祀され白旗明神、白旗神社となったという。




【ご利益】

厄払いで有名な寒川神社に由来する神社ということもあり、この白旗神社でも厄払いを受ける人が数多くみられた。

また、通常の絵馬やお守りの他に「弁慶石」なる身代わりグッズ的なものも売っていた。


敷地内に触ると病気にならないという「弁慶の力石」もあり、藤沢市民病院がすぐそばにあるので、病気治癒のお祈りに来る人も多いかもしれない。






厄払いは社務所横の社殿にて行ってもらえる。

自分もあと2年ほどで厄年、ここで厄払いをお願いしようかな。







(鳥居を出たところにはショッピングセンターもあるので、買い物ついでにお参りして藤沢方面に戻るというプランならふらっと立ち寄れるような場所になる。)


【参考】

相州藤沢・白旗神社 公式ホームページ

2013/05/01

ドメイン取得のおすすめ



ドメインってあれです。

マイクロソフトのmicrosoft.comとかYahoo!Japanのyahoo.co.jpとかみたいな、簡単に言うとネットワーク上の番地とか地域的な意味合いを持つあれ。


会社なんかの法人組織だと持ってることは多いですよね。



由紀精密企業ドメイン:yukiseimitsu.co.jp



企業だけでなく、ブランドやプロジェクト単位でも持つことはあるかと思います。




由紀精密の加工技術サイト:sessaku.net



プロダクトデザイナー前川さんの主宰するブランチプロダクト:branchproducts.com


CI戦略って別にロゴだけではなくて、こういったところもその一環として捉えることができるかと思います。


自社でも加工技術サイトでsessaku.net(切削ドットネット)を取得していますが、わかりやすいフレーズであったり、語呂がよかったりというのは重要です。


また、企業や製品イメージを浸透させたければプロバイダのドメインでWebサイトやメールアドレスを運用するより自社ドメインを使用したほうが中小でもしっかりした印象を持たれるかと思います。
(人により意見の相違はあるかと思いますが、私は少なくともそう考えています。)


個人でのドメイン取得

私も個人的にkasaha.laというドメインを持っており、過去にはmasaki.kasaha.laというサブドメインを利用して匿名のブログをやつていたことがあります。
(ほぼ実名晒してますけど…)


当然、ドメインはWebサイトだけでなくメールアドレスにも使えますよね。


我が家と実家ファミリーには、このドメインのメールアドレスを割り当てています。


短くて語呂がいいと人に思い出されやすいですよね。



一番後ろにつくjpとかcomとかをトップレベルドメインと言いますが、種類に制限があるので逆にその制限から語呂がいいドメインを探して取得するのも面白いですよ。


私個人では2つ持ってます。


会社でも未使用のもの含め、複数取得しており、そのうち3つは運用中です。


.toとか.meとか.inとか、私の持っている.laとか語呂のよいドメインをつくれそうなトップレベルドメインは色々とあるので取得して運用されてはいかがでしょうか。


最初はドメイン取得業者と同じ会社でサーバも借りて運用するとわかりやすくて色々覚えられますよ。



会社だけでなく、自己のブランディングのためのツールとしてのドメインを持たれたらいかがでしょうか、という提案でした。


【参考】

本ブログ関連ポスト

ドメイン取得

WHOISサービス(ドメインの所有者等の情報検索ができます)
ANSI Whois Gateway: ドメイン名 / IPアドレス検索サービス