2013/11/15

Webアプリ構築ツールによるビジネスプロセス管理


自社開発でシステムを回していますが、それで弱くなりがちなのが承認周りの管理。


ある方に相談した際に、実は今自社で必要なのは承認⇒申請の綺麗な流れのワークフローシステムではなく、行ったり来たりする業務ごとに記録記入や承認の権限設定がなされる、より細かいビジネスプロセスを管理できるような仕組みであることがわかりました。


そこで出てきたのがサイボウズのkintone。





Salesforce.comやMSのSharepointGoogleサイトなどでもあるような、リスト形式のデータベースアプリケーションを簡単に作成できるような仕組みです。



他サービスとの受けた印象の違い


まだ勉強も足りない状態で間違いもあるかもしれませんが、すべてのサービスをちょこっと触った現段階で受けている印象は次のような感じです。

【Salesforceとの比較】

  • 開発効率は圧倒的にkintoneに利があるようだ
  • アプリストアはSalesforceの方が充実している



自分に合うひな形アプリがあってレイアウト程度の微修正で済むならSalesforce、いろいろと自作を行いたいならkintoneというチョイスなのかな、という印象でした。



【Sharepoint、Googleサイトとの比較】

  • kintoneではフォーム内の入力項目ごとに権限設定が可能だが、ほかに比べて利用可能なアプリのテンプレートは少ない
  • Sharepointはエディションごとの費用や機能がわかりにくい
  • Googleサイトはテンプレート豊富だが、実際に使えるものが少ない
  • ユーザ間のコミュニケーション機能はそれぞれ兼ね備えている







まとめ

イメージしているものを作るにはkintoneが一番よさそうですが、もう少しいろいろと調べてみようと思います。

どれも気を付けなければいけないのは、ユーザが手軽にアプリを作れる反面、中途半端なアプリが乱立する状態が容易に想像されることです。

ある程度のルールを作って運用してゆくことが必要ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿