2014/02/05

Google APPs からOffice365への移行 (2)Google Calendar → Outlook → Exchange Online (OUTLOOK WEB APP)


前回は
Google APPs からOffice365への移行 (1)Gmail→Outlook Web APP
ということでメールデータの移行方法を調べてみました。

ical形式のファイルをエクスポートしてそれをOffice 365 ProPlusのOUTLOOKにインポート(Exchange Onlineの予定表とは同期設定済)するという方法ですが、この方法を選択した理由は上記リンク先にある通りです。


【Google APPs のカレンダーエクスポート】

①Google Calendarを開いて"設定ボタン"→"設定"をクリック。




②"カレンダー"タブをクリック→エクスポートしたい予定表の名前をクリック




③限定公開URLという項目の"ICAL"をクリック



④表示されたURLをクリックし、適当な場所に"basic.ics"ファイルを保存します。




【OUTLOOK2013への予定のインポート】

①OUTLOOKを立ち上げ、"ファイル"をクリック



②"開く/エクスポート"をクリック → "インポート/エクスポート"をクリック


③表示されたウィザードでical形式のファイルを選択、"次へ"をクリック


④"インポート"をクリック




========

いろいろエラーが出て添付ファイルが取り込まれなかったりしますが、予定とメモは取りこめました。

GoogleAPPsの方はOffice365に持ってこないドメインで構成されているので(無償版だし)、残すことにして、このくらいでいいかなとします。


前回のものも含め、自動でできちゃうツールを買うか丸投げしたいですが、20名規模の会社なので休出して手作業でゴリゴリ移行作業するのもありかなと思います。

大手の情シスって色々大変なんだろうだなあというのが今日の感想です。