2014/09/27

玉縄城址周辺を歩く


近所の玉縄城址をめぐる散歩をしてきました。

玉縄城は後北条氏祖の北条早雲築城の平山城として知られ、現在の鎌倉市城廻付近に本丸があったとされています。(うろ覚えベース)

玉縄城(Wikipedia)

その本丸跡付近は現在女子高になっていて普通には入れないため、周囲の史跡を散歩してきました。


【龍宝寺】

開祖は北条綱成で有名な玉縄北条氏。

境内には資料館や、移築してきた古民家、幼稚園などもある。

戦前には海軍捕虜収容所があったとのこと。














【諏訪神社】

鳥居には「諏訪 御霊 両大神」とあり、諏訪神社のほかに大庭氏や梶原景時で有名な鎌倉党の鎌倉景政(景正ともいう)を祀った御霊神社も合祀されていることがわかる。









【植木谷戸西公園】

城門跡に続く七曲り坂ふもとの大きなマンションに隣接する公園。

「玉縄城址」のパネルがあるが色あせていて内容の判読が困難。








【七曲り坂】

龍宝寺方面から城門跡へ上ることのできる坂。

ここにも龍宝寺とは別のこども園がある。

 





【城門跡】

坂を上ったところにあるのが現在も女子高の裏門になっている城門跡。






とこんな感じです。

鎌倉市の観光サイトにもこれらを含むコースが紹介されているので、ご興味のある方はこちらもどうぞ。

中世の山城、玉縄城の面影を訪ねるコース




0 件のコメント:

コメントを投稿