2016/07/08

Yammer の使い方

色々と経緯があって(以下リンク参照)、社内SNSのYammerを使い続けているわけですが、
恥ずかしながら、1年以上使ってみて今さら「最初からこうしておけばよかった」が何となくわかりましたのでまとめてみます。

画像: Yammer 受信箱

GroupとTopicsの使い分け

部署やチームはGroup、プロジェクトや案件/顧客その他雑多キーワードはTopics

Group


メンバーがぶら下がる先のGroupはある程度長期的に固定できるものであり、メンバー構成に変化があっても機能が決まっている場合の利用が良さそうです。

例えば部署や部署内チームがこれにあたります。

Topic


TwitterやFacebookでいうとハッシュタグと同じ役割がTopicsにあたります。

それに対してGroup横断でキーワードなどでスレッドをくくっておいて必要なときにまとめて参照出来るTopicsは期間限定の部署横断プロジェクトや案件/顧客/業界など複数Groupで似たような議論があるのをまとめたいときに便利です。

Yammer単体の機能ではありませんが、SharepointサイトのフィードにGroupが利用できるのでプロジェクトチームでも大規模なものや継続的なものでSharepointサイトを利用するような場合はGroupを利用することがいい場合もあります。

また、社内SNSの性質上、緩い投稿も受け付ける運用をする組織内では #今日のランチ とか #ゴルフ部 みたいなTopicsを使うこともありでしょう。


ユーザーが使うと便利な機能

「あとで読む」系機能

個人的に重要なのはのちほどどういった形で確認したいかによって何をするかの使い分けをします。
Yammer上で確認したいものはBookmark、メール転送したいものはEmail Meを利用しましょう。

逆に「もういいです」系機能

FBでもありますが、通知を切る機能もあります。

必要に応じて使いましょう。



その他機能

組織的な通知はAnnouncementで表示固定可能。
 
表彰や感謝の意を示せるPraise、投票機能のPollなどもあります。

皆さんも色々と活用してYammer利用のメリットを出してゆけるといいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿