2017/07/03

海外でプリペイドSIMを使う

初めてフランス出張した際に「みんなと一緒だしホテルのWifi使えりゃいいだろ」って思ったけれども気まぐれでひとり街中に出歩いた時の不安さ。

方向感覚無いほうではないと思っていたけど日本と景色の異なる街並みをグルグル歩いていると結構どこにいるか怪しくなる。
GoogleMapつながらない!電話もつながらない!

ということで本当に心細かったので今回はプリペイドSIMを購入しました。
ネットだけでなく日本に電話もできる用にすることで精神衛生を向上させ豊かな出張生活を送ることができました。

以下に確認事項等をメモします。

(※現状に対する記載内容の整合性は時間を追うごとに変化するリスクがありますので、ご利用は自己責任でお願いします。)

======================

①必要なもの

  1. SIMフリーの端末(スマホ/タブレット)
    SIMロックのかかった端末のSIMロック解除をする。
    各キャリアでの手順に関しては下記リンクを参照。

    めんどくさければSIMフリーの端末を買う。
    最近は国内の家電量販店でも売っていますし、輸入しないとなかなか手に入らないモデルはExpansysなどで購入が可能。
    端末購入時には前もって対応バンドを確認しておくこと(②-1参照)
  2. SIMカード
    「(国名) プリペイドSIM」などのキーワード検索をして訪問先の国で入手可能なプリペイドSIMを調べておく。
    購入する時に提供元キャリアのバンドを確認すること(②-2参照)



    今回は空港の赤い売店(Relay?)で購入可能なものなかでOrangeのプリペイドSIMを購入しました。

    これ、刺すだけですぐに使えるようになってすごく便利でした。

②確認事項

  1. 端末の対応バンドを確認する
    モデル名で検索して仕様を確認する。
    例えばAndroid OSではモデル名は端末設定から調べられる。

  2. SIMカードのキャリアのバンドを確認する
    これもキャリアのサイトなどで確認する。
    一覧を乗せているようなサイトもあるので参考にすると便利
  3. 1.と2.を比較して現地利用ができるか確認する
    記載が周波数帯だったりバンドだったりするので整合はネットで調べて確認すること。
    参考:バンドと周波数帯
======================

まとめ

  • 端末はSIMフリーを使う
  • プリペイドSIMの周波数帯と端末の対応バンドがマッチしていることが必要

★最後に★
結構久々にアップするので松居一代レベルにパンチの効いたポストをと思いましたが、普通に実用的な内容になってしまいました。

0 件のコメント:

コメントを投稿